お葬式事情

気づき

わたしが初めてお葬式に行ったのは幼稚園の時です。亡くなったのがあまり会ったことがなかった親戚の方だったこともあり、正直、あまり覚えていません。しかし、お葬式のあの独特の雰囲気は今でも覚えています。祖父が亡くなった時は、わたしが高校生の時で、とても泣きました。二世帯住宅なので、毎日顔を合わせますし、もう逢えないなんて考えられませんでした。なかなか受け入れることができませんでした。
 
お葬式は、幼稚園以来ですし、どういう態度で、どういう服装で、お焼香の仕方・・・どうしたら良いかも全くわかりませんでした。母が色々と教えてくれましたが、常に母が横にいてくれるわけではないので、お葬式のマナーは、知っておかなければならないなと思いました。

その時だけ覚えるというだけでは、頭に入ってこないと思いますし、いざ訃報があって参列しないといけない!というとき「どんな服装?これはいいのかな?」なんて調べている暇はありませんよね。そうならないためにも最低限のマナーは、身に着けておきたいですね。お葬式のマナーは難しいと言われておりますが、「気遣い」の心があれば意外にシンプルなのです。
ということで、すこし勉強しておきましょう






お葬式事情

What's New

2013/02/05
新着情報3を更新。
2012/11/08
新着情報2を更新。
2012/10/10
新着情報を更新。
2012/06/19
種類を更新。
2012/06/19
不祝儀袋を更新。
2012/06/19
を更新。
2012/06/19
意味を更新。
2012/06/19
お葬式事情を更新。
2012/06/19
ホームページリニューアル
お葬式事情

Recommend Entry

いつかは喪主

どんな葬式でも必ず喪主が存在します、自分もいつかは喪主になる日が来るかもしれないので事前に勉強しておかないと葬式での失態は故人に恥を書かせることになります。

最近は

最近では、より負担が少なく、時間も短く行えるお葬式のやり方も普及して生きています。しかし、儀式としての意味合いも深いですから、よく考えた上で選びましょう。
最近は

いつこのようなお葬式にいかなくてはならないか・・・誰も予期するはできません。なので急に焦る前に知識をつけておかなくてはならないのです。さあ!!みなさんも一緒に勉強していきましょう。今から覚えると楽ですよ

お葬式事情